へいまいく!

Big Band、Saxの話題や、自分が採譜したソロ譜面を公開する音楽系ブログです。

同じモデルでも大きさ違えば別物

当たり前と言えば当たり前の話なのですが、サックスは同じ機種名でも
ソプラノ or アルト or テナー or バリトンで印象が全然違ったりします。


多分、メーカー側は「この機種はこういう方向性の音!」と決めて作って
いるのだろうけれども。


例えば、CannonballバリトンはB5-LとB5-Bを吹いた事が有りますが、
どちらも素晴らしい楽器でした。(詳細はこちら)


アルトも知人のA5-B(黒いヤツ)を何度か吹いた事が有りますが、
これまた面白い楽器でした。
アルトとバリトンは、同じようなキャラクターというか個性を感じました。


ところが、ソプラノのS5-B Ice Bを吹いたら、バリトン&アルトと比べて
余りにもイメージが違いすぎて暖簾に腕押しな感じでズッコけてしまったと
いうか。
全然面白みが無い単なる固いだけの楽器で操作性も良くないので、買い換え
検討リストからは即刻外れました。


自分の音の好みも有るかもしれませんが、それ以上にそもそもの出来が
違うと思います。


色々と僕もモデル毎の印象なんかを書いているし、ネットには情報が
溢れています。ネットは広大だわ
購入を検討している方は是非ご自分で色々と吹いて検討される事をオススメ
します。


と言う訳で僕もテナーのマウスピースを選ぶところから始めようと思う。
>これが言いたかった。