へいまいく!

Big Band、Saxの話題や、自分が採譜したソロ譜面を公開する音楽系ブログです。

Moleskinのノート

元々、話しながらメモを取るのとか、すごく苦手なんです。
それに字が下手なので、メモとか取ると自動的にエンコードされる感じです。
そして頻繁にデコードに失敗します。(自分でも解読不能なわけです。)


なので、ちょっとでも「書く」というイベントが楽しくなれば…と思って
奮発してみたのがきっかけです。


アメリカで仕事をしていた頃はボールペンしか使わなかったし、
Moleskinのノートは日本と比べると安かったので愛用していました。


でも、日本に帰って来てからは一時期普通のノートを使ってました。
理由はこんなとこ。

  • 転職した会社はすごいシャーペン文化で、ボールペンを使用する機会があまり無い。
  • ノートが無くなったタイミングで買い替えに文房具屋さんに行ったら、その頃販売を始めたソフトカバーのタイプのものしか無かった。
  • 高い。


そんなこんなで一時期不使用でした。


ただ、やっぱり何かかっこ良く無いので(笑)Moleskinに戻すことにしました。
使い終わったノートは自宅に並べているのだけれども、やっぱりMoleskiのやつは
本棚に並べててもカッコイイです。


僕が使っているのはこれです。
Moleskin 13cm x 22cm Ruled Classic Large Hard Cover


ヨーロッパで15ユーロ位で売られているのが、日本だと2,800円な訳です。
ちょっと代理店がぼりすぎな気がしますが。


逆に、何か今紙の質が落ちたんじゃとか、偽物が出回っているんじゃとか言われてます。
少なくともAmazonのやつは異様に安いので、ちょっと怪しいと思っています。