へいまいく!

Big Band、Saxの話題や、自分が採譜したソロ譜面を公開する音楽系ブログです。

酷かったハードディスクデータ復旧サービス

PC Watchかなんかの広告で見かけたので、メールしてみました。


メール送付の1分後位に電話が掛かって来ました。
ずいぶんがっついてる会社だなぁと思いつつも、型番とか症状とかを伝えたら、
復旧実績有りとの事。
「3万円〜24万円で復旧可能と思われる」と、何ともアバウトな概算見積を
提示されたのだけれども、とりあえずHDD自体を送付する事に。


…えっと、先方にHDDが到着した日は、5回も電話が掛かって来るわ、
見積は24万円越えて最低30万円とかなってるわで、だいぶウンザリ。
「予算5万円なんで、これを越えるなら発注出来ない」と伝えたら、どういう
仕組みなのか判らんが、ババンと13万円強まで値段が下がり。
(あ、一応納期は3日→2週間とか伸びてましたが、実作業時間って多分
変わらないですよね。)
それでもこちらの予算オーバーには変わらないので、発注出来ない旨を再度
伝えたところ、急にだんまりになってしまいました。
1日5回も電話掛けて来た勢いは一体どこへ行ってしまったのやら。


えっと、確かHDD返送して貰えるハズなんですが、段取りとかのご連絡を
お待ちしています。
廃棄して貰えるならそれでも構わないんだけどさ。


それはそうと、先方も「ファームウェアの不具合」と言ってるのに、「重度の物理
障害」というのは果たしてどういう理由なんだろ。
ファームウェアを格納しているメモリ部分が逝かれた、とかそういう事情なのかな。
でもそれよか、ヘッドが壊れたとかの方が重度だろうし物理障害だろうし、お金も
掛かるだろうし、とか思うのだけれども。


まぁもう問い合わせる気なんて無くなってますが。


※4月26日追記
HDD、着払いで返送されてた!すごい対応だな。
自分のとこに送付させる時には発送番号連絡しろとか要求しておいて、
自分達が返す時には何も言わずに返送。すごいぜ日本データテクノロジー


※更に追記
ちょw
まさかの袋詰めで帰って来たwww


一応「精密機器につき取り扱い注意!」のシールは貼ってあるけど、
振るとゆさゆさ音がします。中で遊んじゃってるよこれ。