へいまいく!

Big Band、Saxの話題や、自分が採譜したソロ譜面を公開する音楽系ブログです。

Buzz ネックジョイントスクリュー

以前にも書きましたがバリトンはセッティングめっちゃ弄ってます。


あ、どう弄ったか書いてない。

  1. ネジキーガードから何から何まで全てBuzzに。
  2. サムフックサムレストはWind Brosの木製のに。
  3. ネックはSilver Sonic GPに。(Silver Sonic PGPよりもこっちの方が好きだった。)


これでだいぶドッカン系のセッティングになってる訳です。
あ、正確には、上記の1と3でドッカン系に振ってるのを、2で音色に振る事で
上手くバランスさせてるつもりです。


あ、アルト・ソプラノ・テナーは全然弄ってません。
なんかアルト・ソプラノは弄るのが申し訳無いような気がするし、
テナーは腕前的に弄る以前の話だろ、という感じでしょうか。


で、なんかネックのジョイントスクリューなんてものが出てるみたいで。
一時期、ネックのネジを二つ付ける(逆からもう一つネジを入れちゃう)とか
やってた事有るんで、なんとなく傾向は判ります。
低音が当たり易くなって、音が引き締まる(ちょい固くなる)感じだと思います。
これ以上ドッカン系に振るのが良いのかどうか判りませんが、ちょっと気になる
アイテムです。