へいまいく!

Big Band、Saxの話題や、自分が採譜したソロ譜面を公開する音楽系ブログです。

アルトサックス色々と吹いてみた - Yanagisawa A-991

Selmer編(前編)はこちら。)
Yamaha YAS-82Z編はこちら。)

さて、最後にYanagisawa A-991です。
税抜定価: 353,000円

普段、メインのアルトでYanagisawaを使っていて、慣れているせいだと
思いますが、操作性や手の中への収まりの良さ等のところでの違和感は全く無し。
3大メーカーの中では一番キーのバネが強めだと思いますが、だからと言って特別に指に負担が掛かるわけでも無く、手に吸い付いて来てくれる絶妙なところだと思います。

音色はニュートラル(やや暗め)、といったところでしょうか。
何とも表現が難しいんですが、一番素朴な印象です。
明るめでもなく、楽器自体に付いている色気も無い。
ですが、一番「演奏者その人」の音を忠実に再現してくれる気がします。(「すっぴんがキレイな子」でしょうか、笑)

ちょっとバリっと吹いてみようとか、キレイめに吹いてみようとか「こういう風に吹き分けてみよう」という意図を実に忠実に気持ち良く自然に再現してくれます。変幻自在。
音量もピアノからフォルテまで、表現したいスポットにさっくりと嵌ってくれます。

人によっては上述の音色を「素っ気ない」と感じるのかも、とも思いましたが、僕は嫌いじゃない(というかむしろ好き)ですし、それ以外の点はどこを取っても非の打ち所の無い、非常に優秀なモデルだと思います。